OEMに関するお問い合わせOEM
お問合せ

エマコールに関するお問い合わせエマコール
お問合せ

OEMとは

OEMとは

OEMとは

OEM(Original Equipment Manufacturer)は、自社ブランドの新しい製品の製造を行う、または当社のように他社の化粧品を製造する企業そのもの(OEMメーカー)を指す言葉です。

美容サロンや化粧品ブランドなど自社で生産設備を持たない販売者が、オリジナルブランド製品の製造を別の事業者に委託することを「OEMで製造する」と言います。

製造を依頼する企業や販売店にとっては、自分たちが企画した製品を必要とする分だけ調達でき、その生産にかかるコストや手続きといった手間を省くことができるメリットがあります。またOEMメーカーのほうはOEMの受託によって稼働率アップや、新しい製品の開発途上でナレッジを蓄積でき、知的財産の獲得などのメリットがあります。

OEMのメリット

  • 開発・製造コスト低減

    Merit 01開発・製造コスト低減

    化粧品の開発・製造には相当なコストがかかります。
    処方開発にかかる費用をはじめ、原料費、容器・化粧箱等の資材費、製造と充填にかかる人件費、設備費、防腐力やパッチテスト等の試験・検査費用など、工程ごとにコストがかかるといっても過言ではありません。
    OEMを依頼すれば、開発費用や設備費などが不要になり、コストが抑えられます。
  • 技術や設備が不要

    Merit 02技術や設備が不要

    化粧品を作るための工場設備、機器などを用意する必要がありません。また原料調達や配合調製といった専門知識や経験を有する作業もメーカーに一任できます。
  • 製造許可が不要

    Merit 03製造許可が不要

    化粧品製造を行うには化粧品製造業許可を得る必要がありますが、OEMメーカーに製造を依頼することでそれが不要になります。
    また化粧品の販売の際に必要となる化粧品製造販売業許可を取得せずに、化粧品の販売も可能です。
  • 小ロット生産が可能

    Merit 04小ロット生産が可能

    初めて化粧品を製造し販売する場合、売れ残りのリスクを不安視される方も多くいらっしゃいます。
    OEMで小ロットから始められればテストマーケティングを行うこともでき、また在庫リスクを軽減することも可能です。
  • 中身から外装までオーダー可能

    Merit 05中身から外装までオーダー可能

    中身から容器、容器に貼るラベルや外箱まで、一括して製造を依頼できます。製造はOEMに一任し、ご自身はマーケティング活動に注力してもよいでしょう。

いまとこれからのOEM

いまとこれからのOEM

近年は企業だけでなく、個人の方も化粧品業界へ参入する方が増えています。

またユーチューバーやインスタグラマーを利用した企業の参入など、これまで主流とされていた店舗での販売からインターネット上のみの販売方法も一般化しつつあります。

こうした販売手法が多様化していく中で、OEMメーカーも増加し、化粧品市場参入へのハードルもますます低くなっている状況です。

しかしながらハードルが下がっても、化粧品製造の知識や経験のない方が参入し、簡単にユーザーを獲得できる世界でもありません。

それゆえ、化粧品OEMメーカーと協力して製品開発を行うケースがほとんどです。またOEMを利用して、自分の企画でプライベートブランドを立ち上げる方の中には、価格競争に巻き込まれない「商品力」のある製品を作りたいと願う方が多く見られます。

他社ブランドの製品を安く仕入れ、販売したとしても結局は価格競争に巻き込まれてしまいます。そのため新規参入の際は、対応力のあるOEMメーカーとタッグを組み、化粧品開発を行うのが定石となっています。

OEMの前に気をつけたいこと

OEMをメーカーに依頼する際は、次の点にご注意ください。

 

  • ご希望の製品イメージをメーカーとしっかりと共有する
  • 不測の事態を想定しておく

 

まずご自身がどんな製品を作りたいのか、メーカー側とイメージを共有しておく必要があります。

イメージの共有は、新しいアイディアや材料を盛り込んだ、今までにない製品を具現化する、つまりゼロから新しいものを生み出すわけですから特に大切にしなければなりません。このイメージが共有できていれば、製造過程がよりスピーディになり、誕生する製品もよりよいものに仕上がっていくはずです。

また製造過程では不測の事態がつきものです。特に海外から原料を取り寄せる場合はさまざまな過程を経て納入されるため、スケジュールの遅れが発生する可能性を覚悟しておかなければなりません。

また納得のいくまで試作を繰り返せば、その分完成までにかかる時間が延びてしまいます。もし販売日から逆算して化粧品製造を計画される場合は、余裕を持ったスケジューリングを心がけてください。

山栄化学が考えるOEM

山栄化学が考えるOEM

化粧品の製造には許可が必要です。企画や原料、生産に必要な機械があっても、製造・販売することはできません。

そのため化粧品製造業許可が下りているOEMメーカーに依頼する必要があるのです。 OEMメーカーは化粧品だけでなく、健康食品や飲料なども含めると数多く存在します。

それぞれのメーカーごとに製造できる製品も違えば、工場の場所、工場の大きさ、従業員数といった生産体制も異なります。これまで製造した製品数などの実績も違ってくるでしょう。

OEMメーカーに依頼する際にはそうした「個性」を踏まえ、十分な検討を重ねていくとよいでしょう。十分な検討ののち最適なメーカーを選択できれば、製品が出来上がるまでのスピード、そして完成品の質にプラスの影響をもたらします。

製造だけでなく企画からのご依頼も可能

OEMメーカーは大きく分けると、化粧品の製造のみを受託するメーカーと化粧品の企画から 製造までを請け負うメーカーの2種類あります。 この取引相手先のブランド化粧品を企画する場合を 、ODM(riginal De sign Manufactured)と呼ぶケースも見られます。 山栄化学では企画の部分からお客様と一緒に考え、新しい製品をプロデュースするお手伝いが可能です。

オリジナルシャンプー・ヘアケア製品等のOEMをお考えなら
山栄化学にご相談ください

山栄化学のOOEMに関するお問い合わせはこちら

無料相談・お問い合わせはこちらContact

全国対応、小ロット対応、サンプル作成まで無料対応。お気軽にご連絡ください

お電話でのお問い合わせはこちら03-3927-8409
受付時間:平日8:30~17:00

ページトップへ戻る